本会は、基礎生物学的知見から得られた成果と行動薬理学的研究を融合させることにより、高次生命現象やそのシステムの破綻による疾患発症を理解し、各種神経精神疾患の治療薬の開発に貢献することを目的としています。また、神経行動薬理学的研究あるいは臨床の観点(調査研究も含む)から各種神経精神疾患の発症原因や症例を解析することを目指し、若手研究者にその研究成果を自由活発に発表•討論できる場を提供し、若手研究者を育成する重要な使命を担って活動しております。